WordPress

2012.05.17

カスタムフィールドテンプレートを使って表示内容を切り替える方法

ページによって生成されたページの表示内容を変えたい時ってありませんか? 例えば、 Aページには広告を表示したいけどBページには表示したくない! 同じ投稿からその表示、非表示を切り替える事が出来たら楽チンですよね。 カスタムフィールドテンプレートを使って実現してみました。 広告表示と広告非表示というラジオボタンを作って 記事ごとにチェックを入れてどちらにするか選択できるという仕組みです。 設定方法 カスタムフィールドテンプレートに以下を追加します。 これを追加することで、投稿のページにラジオボタンが現れます。 [php] [広告の有無] type = radio //ラジオボタン value = yse # no //yesかnoかを選択できる label = adwords //任意のフィールド名 default = y

カスタムフィールドテンプレートを使って表示内容を切り替える方法をもっと読む

WordPress

2012.05.06

投稿の続きを読むで#moreリンク先パーマリンクを削除する方法

wordpressのデフォルトでは、投稿の「続きを読む...」のリンクに #more-123 などのパーマリンクが自動的に貼られてしまいます。 ※123にはページごとに違う これを削除する方法! コードを編集 /wp-includes/post-template.php このファイルの以下を編集します。 [php]$output .= apply_filters( 'the_content_more_link', ' <a href="' . get_permalink() . "#more-{$post->ID}\" class=\"more-link\">$more_link_text</a>", $more_link_text );[/php]

投稿の続きを読むで#moreリンク先パーマリンクを削除する方法をもっと読む

WordPress

2012.05.06

頻繁に使う投稿のコード一覧

wordpressの投稿で頻繁に使用するコード一覧。 このコード表があるだけで、大きなカスタマイズの無いサイトであれば簡単に作れちゃいますっ 私は常に、このページをお気に入りして wordpress構築する時はコピペで作業してます。 このコードのおかげで1時間もあればwordpressのテーマが一個つくれちゃいます♪ コードの書き方 ループさせたい箇所を囲む [php]<?php if ( have_posts() ) while ( have_posts() ) : the_post(); ?> ここに出力したいコードを記述する <?php endwhile; ?>[/php] 書き出したい部分に以下を記述する ページタイトル [php]<?php the_title(); ?>[/php] ページ中身

頻繁に使う投稿のコード一覧をもっと読む

WordPress

2012.05.06

テンプレートディレクトリを書き出す

WordPressはテーマのファイル構造が統一されてて、 wp/wp-content/themes/テーマ名/以下このテーマのテンプレートや画像.css というファイル構造になっています。 テンプレート(php)で、画像を表示させたいときは ドメイン名/wp/wp-content/themes/テーマ名/imges/logo.jpg というバスになります。 が、、いちいち長いパスを書くのは面倒。 そこで次のようにコードを書きます。 [php]<?php echo get_template_directory_uri(); ?>[/php] これはテンプレートのディレクトリを書き出してくれる命令です。 以下が書き出されます。 ドメイン名/wp/wp-content/themes/テーマ名 ということは… 画像のパスを書

テンプレートディレクトリを書き出すをもっと読む

rss
上矢印
ページTOPへ