わたしごと

デザインの感性を鍛える旅に出ました

2012.06.22

子育てしながらも一日の3分の1以上はパソコンに向き合っていた私。

やることいっぱいすぎて頭がパンクしそうになってました。

そこで…

 

思い切ってパソコンを触らない一週間を作ってみました。

 

ITニュースとかSNSとか

暇さえあれば開いていたReaderも封印して。

 

想像していた以上のものが得られて満足しています。

それを記事にしてみました。

パソコン中毒になってませんか?

やりたい事もいっぱいあるし仕事も納期が迫ってる。

パソコンの前にいないとそわそわして落ち着かない。

常にメールやSNSをチェックして

外出してもスマフォ見てる。

 

完璧パソコン中毒ですよね〜

私は外に働きに出ていた時は家に帰るとリセットされて

パソコンも立ち上げない時があったんだけど

フリーランスになってから境目が無くなった。

 

困ったことに、パソコンしてないと怠けている感じがしてしまって

常にパソコンの前にいるようにしてました。

自分では気づいてたんだけどね、、、パソコン中毒って><

でも離れるキッカケが無かった。

 

そんなある日、鹿児島や東京からお客様が来ることに。

嫌でもパソコンから離れなくてはいけない状況になりました。

見えなかった事が見えた

一番大きく感じたことは
 
無駄だと思っていた時間を大切にする事。
 
実は無駄ではなくって、それが一番大事だったって事です。

つくること

時間に追われている生活をしていると

つくるより買ったほうが早い。

誰もがそう思うと思います。

 

例えばパン。

80円出せばスーパーで売ってる。

東京から義妹が9ヶ月の赤ちゃんを連れて一週間泊まっていたので

離乳食用に手作りパンを作った。

 

やっぱ市販のとは違う。

深い味が出るし、食べた瞬間のほっとする感じが何とも言えない。

それより赤ちゃんや義妹が喜んでくれる。

手作りの温かさがここにありました。

 

 

そして子供と一緒に作った粘土。

『なんでもいいからご飯作って〜』

嬉しそうな姪っ子を見て、びっくりさせてやろうと作ってみた。

普段なら粘土の準備だけして横で見てるだけなんだけど

私の方が必死になって作った。

粘土

息子と姪っ子と思いっきり遊んだ。

考えて作って喜んで

完成した後の懐かしい満足感子供の笑顔

 

 

歩く、見る、食べる

鹿児島で仲良くしてもらっていたWEB仲間の一人が京都に来た。

6年ぶりの京都。

 

京都の風情ある景色を堪能しながら

駅までの長距離を歩いた。

電車も使わず

タクシーにも頼らず、

知らない道をひたすら歩く!

 

歩かないと見えなかった古い看板とか

懐かしい文房具屋さんの匂いとか

通りがかった神社に入って散歩して

五重塔

目を閉じて風で揺られる葉の音を聞きながら

御神木からパワーを感じたり…

歩く事が触れ合うきっかけになる事に改めて気づいた。

 

 

そして食す。

 

 

 

地元すぎて買った事なかったタコ焼きたべたり、

GoldenSpoonで欲張ってトッピングしたり、

お仕事で知り合った素敵なご夫婦と一緒に時間忘れてランチを楽しんだり、

旦那さんに息子を預けて

義妹と有名ホテルのディナーでシャンパンを飲みながらうさぎの肉を食べたりw

ハイアット バジリコ

興味無かった所に行ってみたり

行ってみたかったけど目の前の事を優先して我慢していた事をしてみた。

思い切ってみると世界観が広がった。

 

美味しい食事をすると恋愛してる時の脳波と一緒

 

以前こんな事を聞いた事がある。

確かに、体の奥底からパワーがみなぎってくる感じ。

恋してる時と一緒。

 

 

 

自分の五感を最大に生かした一週間。

WEBデザインのライブラリも増えました。

歩いて見つけたデザインをこっそり引き出しに閉まってます。

 

義妹も東京に帰ってしまい、

いつも通りの毎日に戻ったら

結局今もパソコン漬けになってしまってる自分ですが

この一週間で感じた事をデザインで表現しようといつもより力が入ってます。

 

思い切ってパソコンに向き合わない日を作ること。

これからは月に数回パソコンを押入れに閉まって

五感で楽しんで感性を鍛えようと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



rss
上矢印
ページTOPへ