HTML5

section要素とは

2011.09.03

<section>とは一般的な章や節(セクション)を表すアウトラインの要素。
文章やアプリケーションの一部となる意味の集合をくくる要素です。
今まで使用していたブロック要素のdivに変わるものとなります。

とはいっても、<section>の使い方も様々。
簡潔に言うと、意味の固まりなので見出し(<h1>~<h6>)が必ず入ると思っていた方がいいかも。
CSSでグルーピングする目的であれば今まで通りdivを使うのが適切。乱用しちゃダメ。

section要素の使い方と注意点

  • section要素は汎用的だが乱用は避ける。
  • 文章の構造を表す為の要素なので、section内にはh1〜h6といった見出しが必ず必要
  • レイアウトを整形するのに使用はしない事。(その場合はdiv)を使用する

html5を学ぼう

<section>
<h1>HTML5を学ぼう!</h1>
<section>
    <h1>section要素とは</h1>
    <h2>sectionの意味</h2>
</section>
<section>
<h1>article要素とは</h1>
<h2>articleの意味</h2>
</section>
</section>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



rss
上矢印
ページTOPへ